独学で絵画を学んだ、イタリア出身画家。世界中依頼受けていながら現在東京在住。

ハリウッド・セレブリティーや、外交官など、様々な日本人のVIPsが彼の絵画を収集。

 

ルネサンスの素晴らしさに感激し、最高級の美術品を創作する目標を目指し、マッテーオは様々な分野を研究する博学者である。

必ず自分で絵の具、液体、パネルを作り、美しさと完璧な手際はマッテーオの美術作品の根本であり、年齢や国籍、時代や文化などを超える、手段にする。

 

誇りに思うイタリアの美術の伝統を保護しつつ、偉大な師たちの影響から、豊かな隠喩を内包した写実的絵画を制作。また、テクノロジーとその可能性に魅了され、ハリウッド映画に用いられているのと同様の技術を用いて、空間のシミュレーションを行い、過去の風景やモチーフを現代のものと融合させるような表現を行う。

“昔の技法と現代の テクノロジーが一つになる。 これが私の美術のビジョン。”
all images and site content copyright © 2019 matteo ceccarini | all rights reserved